上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Portrait


Once there was a father and son.
They were very close and enjoyed adding valuable art pieces to their collection.
Priceless works by Picasso, van Gogh, Monet and many others decorated the walls of their house.
The father looked on with satisfaction as his only child became an experienced art collector.
The son's trained eye and sharp business mind made his father smile with pride when they talked with art collectors around the world.


Winter approached.
The nation was at war, and the son left to defens his country.
After only a few short weeks, his father received a telegram.
His beloved son was missing during the war.
The father waited for more news, fearing he would never see his son again.
Within days, his fears were confirmed.
His son had died while taking a fellow soldier to a doctor.
Shocked and lonely, the father faced the upcoming Christmas holidays with pain and sadness.
The joy of the season, a season that he and his son had so looked forward to, would visit his house no longer.


On Christmas morning, a knock onb the door woke up the depressed father.
As he warked to the door the masterpieces of art on the walles only reminded him that his son was not coming home.
As he opened the door, he saw a soldier with a large package in his hands.
he introduced himself to the father by saying,
“I was a friend of your son. I was the one he was rescuing when he died. May I in for a few moments? I have something to show you.”
When they began to taik, the soldier taiked about how the father's son had told everyone about his, not to mention his father's, love of art.
“I'm an artist,”said the soldier,“and I want to give you this.”
As the father unwrapped the package, a portrate of his son appeared.
Though most people would never think it the work of a genius, the painting showed his son's face in great detail.
The father was so moved that he thanked the soldier and promised to hang the picture above the fireplace.
A few hours later, after the soldier had left, the father started his task.
As he promised he hung the painting above the fireplace, pushing aside well-known great works of art.
And then, the man sat in his chair and sent Christmas gazing at the gift he had been given.


During the following days and wooks, he realized that even though his son was no longer with him, his son's life would live on because of all the people he had met.
He would soon learn that his son had rescued dozens of wounded soldiers before he was shot.
As the stories of his sons courage continued to reach him, he became proud of his son and he did not feel so sad anymore.
The painting of his son soon became his most precious treasure.
He loved this painting much more than any other painting in the world.
He told his neighbors it was the greatest gift he had ever received.


The next spring, the father became ill and passed away.
Art collectors waited for the auction.
They did'nt know about the story of the man's only son.
According to the will of the father, all of the art works would be auctions on Christmas.
It was on that day that he had received his greatest gift.
The day soon arrived and art collectors from around the world gathered to bid on some of the world's most spectacular paintings.
Their dreams would come true this day.
After they bought their new paintings, many would say, “I have the greatest collection.”


The auction began with a painting that was not on any museum's list.
It was the painting of the father's son.
The auctioneer asked for an opening bit.
The room was silent.
“Who will open the bidding with 100 dollars?”he asked.
Minute passed no one spoke.
From the back of the room somebody said,
“Who cares about that painting? It just a picture of his son. Let's forget it and go on to the other paintings.”
Other people also agreed.
“No, we have to sell this one first,”replied the auctioneer.
“Now, who will take the son?”
Finally, a friend of the father spoke.
“Will you take ten dollars for the painting? that's all I have. I knew the boy, so I'd like to have it. I have ten dollars.”
“Will anyone go higher?”called the auctioneer.
After more silence, the auctioneer said,“Going…going…gone!”
The auctoneer hit the hammer on the table.
Cheers filled the room and someone exclaimed,“Now we can get on with it and we can bit on these treasures!”
The auctioneer looked at the audience and announced the auction was over.
No one could believe it.
Someone asked,“What do you mean it's over? We didn't come here for a picture of the old mans son. What about all the other paintings? there are millions of dollars of art here! Explain what's going on here!”
The auctioneer replied, “It's very simple. according to the will of the father, whoever takes the son…gets them all.”

スポンサーサイト
肖像
①かつて、父と息子がいました。彼らはとても仲が良く、価値ある芸術作品を
彼らのコレクションに加えることを楽しみました。ピカソ、ヴァンゴッホ、
モネと多くの他の人による極めて貴重な作品は、彼らの家の壁を飾ってい
ました。彼のただ一人の子供が経験豊かな芸術コレクターになることを、
父は満足して見ていました。彼らが世界中の芸術コレクターを相手にしている
とき、息子の訓練された目と鋭いビジネス精神は彼の父を誇らしい顔にさせました。

②冬は近づきました。国は戦争中で、息子は彼の国を守るため
に出発しました。わずか数週間後に、彼の父は電報を受け取りました。彼の
最愛の息子は、戦争の間に行方不明になりました。父は二度と彼の息子に会
えないのかもしれないと思いながら、彼は更なる知らせを待ちました。
数日のうちに、彼の不安は現実のものとなりました。
負傷した兵士の仲間を医者へ連れて行く途中に彼の息子は死んでいました。
衝撃と孤独で、父は痛みと苦しみを感じながらやがて来るクリスマスを迎えました。
彼と彼の息子がたいそう楽しみにした季節の喜びはもはや、
彼の家に訪れることはないであろう。

③クリスマスの朝に、ドアのノックが落ち込んでいた父を起こした。
彼がドアに歩いていくとき、壁の上の芸術傑作は彼の息子が帰って来ない
と彼に思い出させるだけでした。彼がドアを開くと、彼は手に大きな包み
をもった兵士に会いました。彼は父に自己紹介しました。
「私は、あなたの息子さんの友人でした。彼が亡くなった時、助けてくれたのは
私でした。少し中に入ってもよろしいですか?私は、
あなたにお見せるものを持っています」彼らが話し始めたとき、兵士は父の息子
がみんなに彼の、父の芸術に対する愛情は言うまでもなく、自分の芸術に対する愛情に
ついてもみんなに話していました。「私は芸術家である」と兵士が言いました。「そして、
私はあなたにこれをさしあげたいです」父が包みを開けると、彼の息子の肖像画が
現れました。大部分の人々はそれを天才の作品と決して考えないけれども、絵はとて
もすばらしく彼の息子の顔を表現しました。父はとても感動して、兵士に感謝し、絵を暖
炉の上に掛けると約束しました。数時間後に、兵士が去ったあと、父は仕事を始
めました。彼が約束したように、有名で偉大な芸術作品を押しのけ
彼は絵を暖炉の上に掛けました。
それから、父は椅子に座って、彼が受け取った贈り物を見つめながら、クリスマスを過ごしました。

④それから数日間と数週間、彼はたとえ彼の息子がもはやいなかったとしても、
彼の息子の命は息子が出会ったすべての人々のおかげで、息子の命は生き続けるのだと
いうことに気がつきました。
彼はすぐに息子は撃たれる前に、何十人もの負傷した兵士を救い出したとい
うこと知りました。彼の息子の勇敢な話が彼に届けられる中、彼は
彼の息子を誇りに思うようになり、彼はもうそれほど悲しいと感じません
でした。すぐに彼の息子の肖像画は、最も貴重な宝になりました。彼は世界の
他のどの絵よりもより非常にこの絵を愛しました。彼はそれが彼がこれまでに
受け取った最も素晴らしい贈り物であると彼の隣人たちに話しました。

⑤次の春、父は病気になって、他界しました。芸術収集家たちは、
競売を待ちました。彼らは父親のたった一人の息子の物語について知りませんでし
た。父の遺言によると、美術作品の全ては、クリスマスに競売されることに
なっていました。彼が最も大きな贈り物を受け取ったのは、その日でした。
その日はすぐに来ました。そして、世界中からの芸術収集家は世界で最も
素晴らしい絵のいくつかに値をつけるために集まりました。彼らの夢は、この
日実現します。彼らが新しい絵を買ったあと、「私は最高のコレクションを
持っています」と多くが言うでしょう。

⑥競売はどの博物館のリストになかった絵から始まりました。それは父の息
子の絵でした。競売人は、始めの入札を求めました。部屋は静かでした。
「誰が100ドルで入札を始めますか?」彼は尋ねました。数分経ち、誰も何も話し
ませんでした。部屋の後ろの方から、誰かが言いました。「誰がその絵なんか買うの
ですか?それはただの彼の息子の絵ではないですか。さっさと他の絵に移りましょう」
他の人々も同意しました。「いいえ、我々は最初にこれを売らなければならな
いので。」と競売人が答えました。「さあ、誰が息子さんをお持ちになりますか?」ついに
父の友人が話しました。「その絵は10ドルでもいいですか。
それが私が持っているお金のすべてです。私はその子を知っていたので、
それがほしいのです。私は、10ドルを持っていますよ」「誰か値を上げますか?」
競売人が叫びました。更なる沈黙の後、競売人は言いました。「さぁ、さぁ。
決まり!」競売人がテーブルをハンマーで打ちました。多くの歓声が部屋にあふれま
した。そして、誰かが叫びました。「さあ、やっとこれで次にいけるぞ。
我々はこれらの宝に入札できる!」競売人は観衆を見て、競売
は終わっていると発表しました。誰もそれを信じることができませんでした。
誰かが尋ねました。「終わったとはどういう意味か?ここには数百万ドルの美
術品がある!どういうことか説明しなさい!」競売人が答えました。「それは、簡単なことです。
父の遺言により、息子の肖像画を落札した人がそれらを全部手に入れるのです」

終わり。。。

こんばんわおはな

高校1年生でPro-VisionⅠを使っている学校は、

どうやらReading1の訳などを宿題で出されているところが多いみたいですねぇDLKJDLJSS

そこで、ちょっと応援。。。

ぜひ、どうぞぉ~ひよこ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。