上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
え~おはようございます。

今日、ある立派なパパをやってる殿方2人とお話しました絵文字名を入力してください

そこでは、家族のことや結婚生活のことなど、独身のちょこ♪には

まだまだ、むずかしぃ~絵文字名を入力してくださいお話を聞かせていただきましたlovecoKIGOU02lovecoKIGOU03

ありがとうございました。。。lovecoONPU02

そこで、ふと思ったわけです。。。

よく夫婦生活の中で『浮気』というのが問題になりますよね怒り

男でも女でもあり得ることなんですが、相手への背信的行為には違いありません。。。

判例上は、キスや抱きしめあったり、一緒に食事に行く程度では、離婚の原因の事由にはあたらない

ことが多いですが、実際、自分が浮気してたら、こんなのもバレてほしくないって思うんでしょうね。

浮気とかは「相手にバレなければいいもの」だと思って、欲望のままに浮気してしまうみたいな

そういう感覚でいいのでしょうかねlovecoKIGOU01笑

非常に難しい問題ですね。。。夫婦円満がでも一番いいですねSHINSHIN

ちょこ♪でしたばーい

ご意見募集中ですウインク
スポンサーサイト
すごぃ!!奇跡ってあるんだね。。。あきらめちゃだめだね。。

2009/8月10日15時27分配信 ロイター
 [アスンシオン 10日 ロイター] 南米パラグアイで、予定日より16週間早く生まれ、その後、死亡宣告を受けた未熟児の男の赤ちゃんが、数時間後に蘇生(そせい)するという珍事があった。
 首都アスンシオンにある国立病院の小児科チーフ、アーネスト・ウェバー医師はロイターテレビに対し「当初、赤ちゃんは動かなかった。ほとんど呼吸もしておらず、心音も聞こえなかったため、24週間目での死亡を宣告した」と語った。出生時の赤ちゃんの体重は500グラムだったという。
 家族には死亡証明書と当座のひつぎとなる赤ちゃんの名前が手書きされた段ボール箱が渡された。
 ところが、家族が葬儀の準備をしているときに信じられないことが起こった。
 家族のひとりは「段ボール箱を開け、赤ちゃんを取り出したとき彼が泣いた。私は怖くなり『赤ちゃんが泣いている』とつぶやくと、彼は手足を動かし始めた。とても不安になった」と語った。
 赤ちゃんは、死亡宣告を受けた数時間後に蘇生が確認された。病院側は、調査を開始。赤ちゃんは現在、保育器の中で安定した容体だという。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。